【イワシのかば焼き】イワシが苦手な子どもでも食べられる美味しいレシピ!

イワシは、EPAやDHCなど、身体に良い栄養素たっぷりのお魚です。

最近では、大きい魚は海水汚染の影響を受けやすいと言われていますが、イワシなどの小魚は水銀リスクも少ないそうです。

今回は、イワシが苦手な子どもでも美味しく食べられる、イワシのレシピをご紹介します。

目次

イワシのかば焼き

材料

いわし(3枚おろし)6~7尾

たれ
・しょうゆ  大さじ1と1/2
・みりん  大さじ2
・砂糖  大さじ1
・トマトケチャップ 大さじ1
・水大さじ1

小麦粉

粉山椒

作り方

  1. いわしを50度洗いする。
    *50度洗いするとしないでは、全然お魚の臭みがちがってきます。
    (いわしは手開きでも簡単にできますが、私はお魚屋さんで3枚におろしてもらいました)
  2. たれの調味料をまぜておく。
  3. いわしの水気をよくふきとり、小麦粉を全体にまぶす。
  4. フライパンに油大さじ1を熱し、3のいわしを並べて中火で焼く(こんがりするまで焼いた方がおいしいです)。
  5. フライパンの余分な油をペーパータオルでふきとり、②のたれをよく混ぜて加え、ゆすりながらいわしにからめる。
  6. かば焼きを盛り付け、たれをかけ、お好みで粉山椒をふる。

いわしの栄養について

脳の働きをよくするといわれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、血中コレステロール値を下げ、中性脂肪を減らして、動脈硬化や脳血栓に有効なEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富。

ビタミンB群の中でも、特にB2とB6が豊富。B2は成長に欠かせないビタミンで、細胞の再生を助け、脂質の代謝を促し、成長を促進し、動脈硬化や老化を進行させる原因となる過酸化脂質の害を防ぐ。

B6はたんぱく質の代謝に大切なビタミンで、健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進、抗アレルギー作用もあり、神経伝達物質の合成にも関わる。いずれも水溶性なので、摂り過ぎの心配はありません。

そのほか、ビタミンA、D、E、たんぱく質、鉄、カルシウムなども豊富。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる